超浮力と抜群の操縦性を誇るトライフィンモデル「オディシーログ」を中心に、クラシックなシングルフィンモデル「オディシープランク」、スムーズなターン性が魅力のフィッシュ・クアッドフィンモデル「オディシースキッパー」など幅広いバリエーションをラインナップ。
1 12

世界的名シェイパー「メイヘム」ことマット・バイオロスが手掛ける...Lost SURFBOARD(ロストサーフボード)とのコラボモデル。

1 7

About CATCH SURF

ソフトボードムーブメントのパイオニア・リーディングブランド「キャッチサーフ」

ソフトボードのパイオニア

2007年、カリフォルニアで産声をあげたキャッチサーフ。それまで機能やデザインの追求がされてこなかったカテゴリであるソフトボードに、業界初の木製3ストリンガー構造とポップなデザインを採用した製品が80'全開のマーケティングとともに衝撃的デビュー。

3本の木製ストリンガーによる圧倒的な強度と操縦性

ストリンガー無し、合成樹脂ストリンガーが1〜2本入っているだけのソフトボードが多い中、高性能サーフボードと同じ製法木製ストリンガーを3本搭載。ジェイミー・オブライエンがハワイ・ノースショアのパイプラインやワイメアで証明した群を抜く強度と操縦性を実現。サーフボードが本来持つ絶妙なバランスのしなりと戻りを持つ、滑性能が抜群に高いソフトボード。

世界の才能に愛されるキャッチサーフ

ジェイミー・オブライエンやカラニ・ロブなどのサーファーのみならず、スケートの神様エリック・コストン、レッドホットチリペッパーズのアンソニー、破天荒集団ジャッカスなど、愛用するメンツも他の追随を許さない。